幼児期からの英語教育をナビゲートする総合サイト

>
この記事をシェアする

英語脳、英語耳とは

子供たちだけが持つ吸収力

「日本語を喋る時は日本語で考え、英語で喋る時は英語で考える」のが、英語脳です。
そして、“L”と“R”など日本人が聞き分けにくいとされる英語の音を聞き分けられるのが、英語耳です。これらの能力は、言語脳が形成され、さらに、多言語を聞き分けられる生後6ヶ月くらいから発達します。
この時期に良質な英語に触れずにすごすと、使用する周波数が違う英語と日本語では、大人になってからでは、聞き分けが非常に困難になります。
これらスポンジのように情報を吸収される時期に英語学習を行うことは、ただ、真似をするだけでもイマジネーションで子供たちに英語力をもたらしていくのです。
さて、では、私たち大人はもう英語力をつけることができないのでしょうか。
そうです、それはかなり難しいのです。
言語を習得するには年齢的な限界があるといわれています。

大人が努力しても得られない英語力

これはあくまでも仮説ではありますが、第一言語を習得する年齢的上限は就学の頃まで、そして、第二言語の目処は高校入学程度と言われています。それが、言語習得の“臨界点”です。この時期を過ぎると、言語習得をつかさどる能力は低下していきます。
それを考えると、生後6ヶ月から小学校入学までが、英語教育にとって最も重要な時期であり、この時期の英語を充実してあげることが、子供たちの今後の将来を大きく左右するといっても過言ではないのです。
ここまでで、幼児期の英語教育がどれほど大切なものであるかはわかっていただけたと思います。
では、この教育を子供たちに楽しんでもらうために、私たち保護者はどのようなリスクがあるのでしょう。


Copyright © 英語教育は幼児の頃から始めよう. All Rights Reserved.

TOPへ戻る