幼児期からの英語教育をナビゲートする総合サイト

>
この記事をシェアする

早期英語教育のデメリット

早期英語教育のデメリット

英語教育の代表格といえば、小中高のインターナショナルスクール、そして、保育園、幼稚園の位置づけとなるプレスクールがあります。インターナショナルスクールは入学に高度な英語力や両親のどちらかがネイティブであるなどの条件を必要とすることがほとんどです。プレスクールの場合はそこまでの条件は必要としないところがほとんどです。
しかし、それらにかかる学費は一般的な日本の学校と比べるとかなり高額になり、プレスクールで年間200万程度、インターナショナルスクールでは年間250万程度といわれ、高校まで通うとなると3000万円以上かかることになります。
もちろん、普通の学校と並行して通う英語スクール、DVD、カードなどの教材も多くありますが、非常に高額なものもありますので、よく調べてから取り入れてみましょう。

肝心の日本語能力が落ちるのでは

さて、資金面に余裕があれば、こういった幼児教育にデメリットはないように思いますが、英語生活ばかりで肝心の日本語がおろそかになるのではという声もあります。
その点では家庭内などスクール以外の生活の中で、日本語、日本の文化を十分にフォローする必要があります。
また、プレスクールなどから一般の学校に入学した場合に浮いてしまいイジメの対象になってしまうのではないか、また、インターナショナルスクールの中には学校教育法で定められた学校に該当しない場合があり、義務教育を履行していないとみなされ、大学受験のときに「高等学校卒業程度認定試験」(大検)受験が必要というなることがあります。
このように幼児期からの英語教育はよく調べた上で、条件がそろえば、早くからはじめておいて損はないといってよいでしょう。
子供たちの将来のために、ぜひ、今から生活の中に英語を取り入れてみましょう。


Copyright © 英語教育は幼児の頃から始めよう. All Rights Reserved.

TOPへ戻る